Latest Posts

七呂建設の仕事内容は?

ハウスメーカーの営業はきつい?

ハウスメーカーの営業は他の仕事の営業と違い、販売する商品の価格が高額なので営業活動もきついのでは?と考える人も少なくありません。

ハウスメーカーの仕事内容は不動産会社の営業とは異なりますので、住宅と土地を購入するための仲介をすれば良いだけの仕事ではありません。
新しくマイホームを購入する人や建て替えを検討している人、土地は既に購入済で建物だけを求めている人などに住宅の提案を行い、契約、設計、建築まで行うのがハウスメーカーの営業の仕事です。
土地の取引を行うことはありませんが、顧客が土地を探しているときは一緒にお手伝いをしたり、自社で購入している土地を紹介することもあります。そのため、土地についてある程度の知識も求められる仕事です。
できあがった建物や土地の取引を行う不動産営業よりも、はるかに知識が必要となりますので、入社後も土地相場の勉強や建築についての勉強を怠ることはできません。
住宅を購入する場合、建物と土地代以外にも諸費用が必要になりますので、そうした知識も必要になります。ローン手続を行う際に必要となる書類や、建築基準法の知識も必要になってきます。
ハウスメーカーの営業は住宅を購入するための知識を全て頭に入れなければいけませんので、勉強を欠かせないという意味で大変な仕事だといえるかもしれません。

七呂建設が募集している職種内容

今年も鹿児島のハウスメーカーの株式会社七呂建設で、新卒募集を行っています。ハウスメーカーの仕事といえば営業を思い浮かべる人も多いかもしれませんが、七呂建設が募集している職種は広報(PR)と営業、公務と設計職の4つです。
広報職はプレスリリースやマスコミ対応、広告作成や取材などが主な仕事内容になります。工務は工程や品質、発注や原価管理などの施工管理が主な仕事に、設計は図面作成が仕事になります。営業の仕事は主に、顧客へ住宅の提案、ローン手続や各種書類作成などです。

七呂建設の営業職の仕事内容

気になる七呂建設の営業職の仕事内容ですが、モデルハウスに来店した顧客にカタログを渡し、そこから相談や問い合わせのあった顧客にアプローチをする、完全反響型営業です。
顧客に土地の有無や予算、家族構成や住宅に対する希望を聞いた上で間取りや外観、構造を考え、提案を行うようです。
七呂建設では研修プログラムを設けていますので、1カ月かけてじっくり商品知識や営業について学ぶことができます。
先に七呂建設に入社している先輩や上司がサポートしてくれますので、安心して学ぶことが可能できるでしょう。

鹿児島のハウスメーカーで働くなら七呂建設がおすすめ

鹿児島で実績・知名度共にトップクラスの七呂建設

鹿児島でハウスメーカーへの就職を考えているなら、七呂建設がおすすめです。平成26年度に戸建住宅着工棟数は鹿児島県内で2位を記録したこともあるほど、七呂建設は南九州エリアで知名度の高い老舗のハウスメーカーです。
七呂建設は1960年に創業し、半世紀以上鹿児島エリアの建設工事に携わってきました。住宅だけでなく鹿児島市民文化ホールや鹿児島アリーナ、県民交流センターなどの県を代表する大規模建設にも関わっており、鹿児島エリアの発展に貢献しています。
テレビコマーシャルや広告などにより、鹿児島では七呂建設の知名度は高いものとなっています。施工棟数は鹿児島県内でトップクラスをキープしており、実績をあげているようです。最近では宮崎県へ進出を果たしており、事業をさらに拡大しているとのことです。

七呂建設のFacebook公式アカウントをチェック!

中途採用も行っている七呂建設

七呂建設では毎年のように新卒募集を行っていますが、中途採用も随時行っているようです。中途では営業と工務を募集していますが、試用期間はたっぷりと180日間もありますので、未経験の人でも安心して仕事に取り組むことができるのではないでしょうか。
一般的なハウスメーカーの営業職だと、未経験でも最初から正社員になることが多いですが、それだと営業ノウハウを分からないまま正社員になってしまうので、いつまでたっても契約を取ることができません。
そうなると本人もプレッシャーを感じ、結果的に退職してしまうことも多いでしょう。
七呂建設では営業未経験者は半年から1年更新の契約社員として、スタートすることも可能です。一人で契約がとれるようになるまで指導してくれるので、契約がとれないプレッシャーを感じることなく、のびのびと仕事ができるかもしれませんね。

七呂建設の会社情報

株式会社七呂建設は昭和35年に創業した会社で資本金は8700万円、従業員数は85名の老舗ハウスメーカーです。2015年決算期の売上高は32億円でした。
本社所在地は鹿児島市石谷町1273-1で、他に支店や営業所、展示場やショールームを鹿児島と宮崎に設置しています。
有資格者数は一級建築士が6名、二級建築士は9名、一級建築施工管理技士は4名、二級建築施工管理技士が1名、福祉住環境コーディネーター2級は3名、宅地建物取引士は8名在籍しています。
2006年からイシンホームのFCへ加盟し、住宅事業に本格的に参入を始めました。2016年は住宅販売地域ビルダー部門の南薩商圏と日置市、曽於市の地区別で1位を獲得し、2017年11月には鹿児島県内の建築確認申請が1位となりました。

知名度の高い七呂建設

鹿児島での知名度はトップクラスの七呂建設

1960年に創業した七呂建設は、これまで西本願寺や鹿児島市民文化ホール、鹿児島アリーナなど、県内でも大規模となる枠型工事を手掛けてきました。七呂建設は2006年にイシンホームのFCに加盟し、現在では鹿児島県内で着工棟数が1位になるほど急成長を遂げています。
テレビコマーシャルや広告の影響も手伝い、現在では南九州エリアで高い知名度を誇る会社へと七呂建設は成長しました。
ハウスメーカーの紹介率は低いとされていますが、七呂建設は業界で約2倍もの35パーセントを達成しており、いかに鹿児島の人たちに認知されているかが伺えます。宮崎県や熊本県への進出も果たしており、さらに事業を拡大しているようです。

新卒の定着率が高い七呂建設

七呂建設では2013年より毎年新卒採用を行っています。新卒の定着率は100パーセントで、社員にとって七呂建設がとても居心地の良い会社だということかが分かります。
2017年に事業所内に保育園や社員食堂を設備し、より働きやすい環境作りに励んでいます。2018年には本社屋が新しく完成しましたので、キレイなオフィスで毎日働くことができます。

七呂建設で募集している営業職

七呂建設では新卒と中途のどちらも募集しています。営業職と工務職はどちらも募集していますが、広報職と設計職は新卒のみ募集しているようです。
七呂建設に限らず、ハウスメーカーの営業職は徹底して実力評価となる会社が多いので、やる気のある人や実力主義の人に向いている職種といえるでしょう。
営業は、展示場やモデルハウスに来場した顧客に住宅を案内し、興味を持って問い合わせてくれた顧客や相談を受けた顧客に対して提案する反響型営業なので、自分から顧客を探す必要はありません。
テレビコマーシャルや広告、これまでの実績により知名度が高いので、イベント時にはたくさんのお客さんが来場します。

その他の募集している職種

募集している工務職は、プラン確定後に顧客と内外装や住宅設備などの打ち合わせを行い、工程スケジュールを決定し、資材発注を行います。着工後は工程や品質、施工管理などを行います。
設計職は担当営業のヒアリングを元に、プランニングを行います。プランが確定すれば実施図面や建築確認申請図面を作成し、現地調査と手続きに必要な確認などを行います。
広報職は新しくリリースした商品をマスコミに発表したり、メディアへの取材対応、記者会見の運営、広告作成などを行います。
ほとんどの職種は顧客との打ち合わせを行うことがありますので、コミュニケーション能力を求められることが多いのではないでしょうか。

鹿児島の七呂建設へ応募する前に確認しておきたい点

ハウスメーカーの職種

戸建住宅の販売や設計、施工に関わる産業をハウスメーカーと呼びますが、市場規模や売り上げ伸び率も高いことで、人気の高い業種です。
ハウスメーカーで募集している職種は大きく分けると営業と技術、事務の3種類ですが、中でも募集比率が高いのが営業職です。
ハウスメーカーの営業職はモデルハウスや展示場での接客、住宅プランの提案、顧客のローン手続などが主な仕事です。
技術系の職種は施工管理や設計、建設などです。住宅を建築するための図面作成や建築の際の施工管理、建設などが主な仕事内容になるので、専門的な知識とあわせて資格も必要になります。
土日や祝日にモデルハウスでのイベントを行うことが多く、休日は平日になっているハウスメーカーがほとんどです。
顧客の来場を見込めない正月やお盆などは大型連休にするハウスメーカーも多く、年間休日は一般的な企業とほぼ同等のようです。

ハウスメーカーに向いている人とは

ハウスメーカーの仕事は、顧客への案内や打ち合わせがほとんどなので、コミュニケーション能力が高い人が向いているといえるでしょう。
技術職には関係ないようにも思えますが、住宅を設計するためのプランニングや図面の修正、施工管理を行う際の打ち合わせなど、さまざまなシーンで顧客との打ち合わせが必要になってきますので、技術職でもコミュニケーション能力が必要とされます。
また、基本的なことになりますが、物作りに興味がある人はハウスメーカーに向いているといえるでしょう。何もないところから建物を作り上げるのは、物作りが好きな人にとってたまらない職場といえます。

持っていると有利な資格

ハウスメーカーの求人に応募する際に、有利となる資格がいくつかあります。建築士の資格は技術職に限らず営業でも役立ちますので、取得していると仕事に活かせるチャンスも多いでしょう。
また、契約の際に必要となる宅地建物取引主任者資格も、ハウスメーカーでは不可欠です。資格を取得していれば手当などが支給されることも多いので、一つは取得しておきたいですね。

鹿児島のハウスメーカーなら七呂建設

南九州のハウスメーカーに応募するなら、七呂建設がおすすめなのではないでしょうか。七呂建設は鹿児島でも知名度が高く、成長率も全国2位を獲得している会社です。
七呂建設は鹿児島市内の着工棟数1位も獲得しており、宮崎や熊本へ進出している成長率の高い会社です。
七呂建設は1960年に創業した鹿児島でも老舗のハウスメーカーで、七呂建設の信頼度と認知度は南九州地区ではトップクラスのようです。
七呂建設では新卒採用だけでなく中途採用も行っていますので、ハウスメーカーに興味のある人は、ぜひチェックしてみてください。

顧客からの信頼度も高い七呂建設

就職先を探すならハウスメーカーも検討してみよう

自分がどんな仕事をしたいかまだ決めかねているのなら、ハウスメーカーへの就職も選択肢の一つに加えてみてはいかがでしょうか。
ハウスメーカーの仕事は人の人生に大きく関わる仕事なので、やりがいを感じることも多く、満足度の高い仕事といえます。
ハウスメーカーの仕事というと営業なのでは?と思う人もいますが、ハウスメーカーでは営業以外にも工務や設計、事務などの職種も募集しています。
ハウスメーカーの営業と聞くと拒否反応を示す人もいますが、大変な仕事である一方、大きなやりがいと結果を残せる仕事でもあります。

前向きな人ほど営業に向いている

ハウスメーカーの営業に限らず、営業職は同じルーチンワークをこなす事務職とは違い、常に戦略を考えなくてはなりません。
どんな人が営業に向いているかというと、まずはコミュニケーション能力が高い人です。人と話をしたり接することが大好きで、顧客だけでなく社内の人間とも綿密にコミュニケーションをはかれる人ほど営業に向いているといえるでしょう。
また、自分や会社に自信がある人も営業に向いています。自信があるからこそ顧客に強くアピールすることができ、購入したことを後悔させないと自信を持って言えるのです。
自信がなさそうな人から営業を受けると不安になりますが、自信のありそうな人から営業を受けると安心して任せられると感じますものね。

紹介率の高い七呂建設

鹿児島県を拠点とする株式会社七呂建設は、1960年に七呂組として創業した老舗のハウスメーカーです。イシンホームのFCに加盟しており、鹿児島では着工棟数がトップクラスのハウスメーカーとして知られています。
七呂建設でこれまで培ってきた施工力や品質へのこだわり、またイシンホームの商品力がそろったことで、ハイスペックでハイクオリティなのにリーズナブルな住宅を提案できるようになったそうです。それにより七呂建設は顧客から評価されています。
一般的にハウスメーカー業界でのお客様紹介率は15パーセント程度といわれていますが、七呂建設はそれを大きく上回る35パーセントという高い紹介率です。
テレビコマーシャルや広告の影響力もあり、七呂建設の知名度や認知度も南九州エリアでは高まっています。

七呂建設の新卒募集

七呂建設では2013年から毎年新卒採用を行っています。今年度も営業と工務、設計と広報などを募集していますので、住宅づくりに興味のある人はチェックしてみてください。
七呂建設は社員を成長するための職場環境を整えられているようで、新卒の定着率は100パーセントを誇っています。知名度の高さから集客を心配する必要がなく、顧客からの信頼度も高いので商談もスムーズに進むのではないでしょうか。
一人一人が成長するまで、先輩や上司が見守りながら指導にあたるため、安心して仕事に取り組むことができることでしょう。